電話占いランキング

病院で治らない症状には

昨日まで元気に外で遊んでいたのに、夜に急に高熱が出た。子供を育てていると、そんな事はよくある事です。そのため子供が体調を崩した時に、お世話になる病院が近所にあるはずです。そして大抵はお医者さんから処方してもらった薬を飲めば、数日後には体調は改善します。

ですが、もしお医者さんの治療が全く効果がなく、なぜ高熱が出ているのかその症状の原因が分からなかったら?あなたならどうしますか?もちろん、子供の事が心配でたまらないですよね。しかしお医者さんがダメなら、高熱の原因は医学では太刀打ちできない何かだと考えた方がいいでしょう。医学では太刀打ちできない何かって何?と困惑する人も多いでしょう。

ですがそんな時こそ占い師や霊能力者の力を借りる時なのです。占い好きな人なら、普段から占いを利用するかもしれません。しかし霊能力者と日常生活の中で関わる機会はそうそうありませんよね。ですが子供は大人の目に見えないものが見える場合があります。

例えば同じ年ぐらいの子どもと一緒に遊んでいたら、知らないうちに1人増えている。その時は誰も気にしないのに、後から思い返すと誰だったんだろう?なんて事があるかもしれません。もちろんちょっとした悪戯であれば、体調が崩れるなんて事はないのですが、運悪く良くないモノに憑りつかれる。

そんな可能性もゼロではないのです。ですから病院で治らない症状の時には、占い師や霊能力者にとりあえず見てもらって下さい。何か助かる手段が見つかるかもしれません。そんなバカな・・・・・と思う人もいるかもしれませんが、自分の子どもが苦しんでいるのなら、とにかく助かる方法を模索しましょう。

長い歴史がある九星気学

九星気学という占いを知っていますか?
この占いは中国で3000年前に発祥した、世界で最も歴史のある統計学による占いです。生年月日で、自分の生まれた九星を導き出し、そこに干支と五行を組み合わせた占いで、性格や相性、運勢などを占います。そもそも気学とは何かというと、目には見えない運気のようなものです。その気が宇宙に存在すると古代の中国の人は考えたのです。

そしてその気学を人が吸い込む事で、運命は定められるとされています。なので、九星気学では、気学によって、開運がいい日が分かります。

採用率わずか9%であるフェリーチェの厳しい審査をくぐり抜けてきた在籍占い師は皆、高い能力をもち合わせています。霊能力に限らずコミュニケーション能力にも優れているので、目には見えない複雑な気持ちを鮮明に読み解き、わかりやすくアドバイスしてくれます。より精度の高い鑑定を求めている方はフェリーチェを選べば間違いありません。

その開運がいい日に、入籍をする、引っ越しをする・・・・という具合に、人生の節目に当てると、いい運勢になりやすいというわけです。考え方としては、カレンダーの仏滅や大安などで結婚式の申込み件数が大きく左右するのとあまり違いはなさそうです。ちなみに九星気学は中国では普及されていますが、あまり日本ではメジャーな占いではありません。

ですが、日本でも歴史は古く、実は推古天皇の頃に伝来し、将軍などが九星気学で政治を行っていたという記録が残されています。またその後、江戸時代に突入すると、徳川家康が九星気学にハマったと言われています。なんと九星気学を元に江戸幕府の町づくりは行われたのです。

そもそも江戸以前は京都が日本の中心だったのです。しかし九星気学に基づき、徳川家康は未開発だった江戸に都を作り、八方位に守り神として神社を建築しました。そして江戸時代は実に300年以上と長期間栄えた事を考慮すると、九星気学は効果があったのではないか?と思えてきます。また九星気学が存在しなければ、都が江戸に移される事もなかったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です